『値段はいくらでもいい』裏千家家元夫人の願いでできた、1枚450円の幻の高級笹かまぼこ【秘造り平目】。数量限定・期間限定。



1.高級笹かまぼこ【秘造り平目】



本来なら料亭に卸す魚だよ

の声とともに届く平目の鮮魚。

【 秘造り平目(ひづくりひらめ) 】は、
そんな上級な平目の鮮魚を原料に使って、つくっています。












【秘造り平目】が誕生したきっかけは、昭和53年、茶道裏千家家元のご夫人からの依頼がきっかけでした。



『値段はいくらでもいいから、とびきり美味しい笹かまぼこをつくって。』



というご依頼を、 当時の裏千家家元のご夫人からいただきました。

そのご依頼にお応えできるよう生み出したのが【秘造り平目】です。



まずは、素材にこだわりました。

『本来なら料亭に卸す魚だよ』の言葉とともに届く平目は、刺身で食べても旨い、活きの良さです。繊細な旨味を持つ高級魚「平目」。その中でも、晩秋~2月頃がもっとも美味しい時期と言われています。その旬の鮮魚から、さらに厳選したものを仕入れています。




【秘造り平目】



そして職人が、創業当時から伝わる伝統製法で、丁寧に仕上げていきます。

職人が鮮魚をおろした後、石臼でゆっくりとすり潰しながら、塩、酒など日本古来の調味料で味付け。つきっきりですり身の状態を確認、一枚一枚じっくり焼き上げながら、最後の工程まできめ細かく気を配りながらしっかり仕上げていきます



以上、
旬で上級な原料を使い
てまひまをかけて
高級笹かまぼこ【秘造り平目】をつくっています。


※【秘造り平目】は、10枚入と15枚入をご用意しております







2.超プレミアムセット【 吟匠 】



鹿の子仕上げは、『まるで美術工芸品のようです』の声も頂きました。

【 吟匠 】は、上記高級笹かまぼこ【秘造り平目】に加えて、
「伝統製法 極上板かま(鹿の子仕上げ)」「あわびのし」をセットしたプレミアムセットです。

こちらも数量限定・期間限定。




吟匠吟匠吟匠吟匠



◆「伝統製法 極上板かま(鹿の子仕上げ)」



ぐちのみを使用したすり身で仕上げた板かまに、古来からの伝統の縁起柄である鹿の子細工を施しました。

この細工法は、熟練の職人にしかできない手仕事のため、限られた数量しかつくる事ができない逸品です。




【秘造り平目】入りセットのご紹介です。




▲このページの先頭へ戻る▲